メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センパイ登場!

@大学 センパイ登場! 天理大卒 ホッケー女子日本代表・小野真由美さん(35)

ホッケー女子日本代表・小野真由美さん

 2020年東京五輪に出場するホッケー女子日本代表「さくらジャパン」のディフェンダー。08年北京、16年リオデジャネイロに続き、3回目の五輪出場を目指す。ベテランとして若手と積極的にコミュニケーションを重ね、風通しのいいチーム作りに気を配る。

 ホッケーが盛んな富山県小矢部市で育ち、10歳でスティックを握った。高校から日本代表に選ばれ、大学は強豪の天理大へ。大学時代は部活動や代表合宿などで休日があった記憶はない。「チームスポーツは一人じゃ何もできない。周囲の支えに感謝し、私も誰かを支える思いを持つことを学んだ」

 04年アテネ五輪はメンバー争いに敗れ、「人生初の挫折」を味わった。その悔しさが自分を挑戦者に変えた。だが、北京五輪も、けがから復帰後に引退を決めて臨んだリオ五輪も、力を出し切れなかった。豪州に語学留学して気持ちをリセットし、帰国後は慶応大ホッケー部のコーチに就任した。懸命にボールを追いかけ、大声で鼓舞し合う学生の姿がまぶしかった。そんな時、代表選考会の開催通知が届く。ホッケーができる喜びに浸りな…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです