メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

着物の右前、相手にy見せ

「右前」は、右の身頃が下になり、左の身頃が上になる=東京都台東区の「きもの鈴乃屋」上野本店で

 和装に慣れていない人は戸惑いがちな着物の「右前」と「左前」。正しい合わせ方は右前だが、どこから見て「右」や「前」なのかを分かっていないと、余計に混乱する。覚えるべきポイントは、アルファベットの「y」を相手に見せることだ。

 「こちら側、左の身頃(みごろ)が上になりますね」。東京都台東区の「きもの鈴乃屋」上野本店で、広報担当の浦方久勝さんにマネキンを使って「右前」の説明をしてもらった。鈴乃屋は、きものデザイナーとして知られ、今年100歳で亡くなった名誉会長の小泉清子さんが創業した呉服店だ。

 「身頃」とは着物の袖などを除いた胴体部分のこと(表側が前身頃)。着付けでは左右の衿(えり)を合わせ…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです