メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

着物の右前、相手にy見せ

「右前」は、右の身頃が下になり、左の身頃が上になる=東京都台東区の「きもの鈴乃屋」上野本店で

 和装に慣れていない人は戸惑いがちな着物の「右前」と「左前」。正しい合わせ方は右前だが、どこから見て「右」や「前」なのかを分かっていないと、余計に混乱する。覚えるべきポイントは、アルファベットの「y」を相手に見せることだ。

 「こちら側、左の身頃(みごろ)が上になりますね」。東京都台東区の「きもの鈴乃屋」上野本店で、広報担当の浦方久勝さんにマネキンを使って「右前」の説明をしてもらった。鈴乃屋は、きものデザイナーとして知られ、今年100歳で亡くなった名誉会長の小泉清子さんが創業した呉服店だ。

 「身頃」とは着物の袖などを除いた胴体部分のこと(表側が前身頃)。着付けでは左右の衿(えり)を合わせ…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです