メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

桜の羅針盤 命運握る田村 最終戦・4年前の雪辱期す

【日本-サモア】前半、3本目のペナルティーゴールを決める田村=豊田スタジアムで2019年10月5日、宮武祐希撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグA組で3連勝を果たした日本代表は7日、東京都内で練習を再開した。38―19で快勝した5日のサモア戦での疲労を考慮し、公開された冒頭15分ではウエートトレーニングで軽めに調整した。【大谷津統一】

 スコットランドとの1次リーグ最終戦(横浜・日産スタジアム、13日午後7時45分開始)で、初の決勝トーナメント進出を目指す日本の命運を握るのは、大会得点ランキングでトップに立つSO田村(キヤノン)のプレーだ。田村は「W杯が始まった時から、チームとして4試合目が鍵になるという考えはあった。過去最高の準備をしたい」と意気込む。

 サモア戦では7本のプレースキックに成功し、18点をたたき出した。ここまでの3試合で計40得点をマー…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです