メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 誇らしい 感謝のお辞儀=越智貴雄

ロンドンで9月に行われたパラ競泳の世界選手権男子100メートル平泳ぎ(知的障害クラス)で世界記録樹立後、「ありがとう、ありがとう」とつぶやきながら、手を合わせて深くお辞儀をした山口尚秀=写真家・越智貴雄さん撮影

 9月にロンドンで開催されたパラ競泳の世界選手権男子100メートル平泳ぎ(知的障害クラス)決勝。スタートで勢いよく飛び出した18歳の山口尚秀(瀬戸内温泉スイミング)は前半トップで折り返した。後半、猛追するライバルを退け、1分4秒95の世界記録で金メダルに輝いた。日本競泳陣で東京パラリンピック内定第1号となった。

 電光掲示板で結果を確認した山口。喜びを爆発させると思いきや「ありがとう、ありがとう」とつぶやきながら、手を合わせて深くお辞儀をした。多くの歓喜の瞬間を見てきたが、こんなシーンは初めてだ。その行為に会場からも大喝采。山口はメディアからのインタビューに、「この大会を用意してくれた関係者や審判など多くの皆さんに感謝していた」と話した。同じ日本人として世界に見せた感謝のお辞儀は、誇らしかった。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです