メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

障害者雇用「外注」に賛否 さいたま市「農園」と協力 識者「隔離」、保護者「所得安定」

「企業向け貸農園」のビニールハウス=さいたま市岩槻区で2019年9月20日午前11時17分、山田奈緒撮影

 障害者雇用の場として運営されている「企業向け貸農園」を巡り、さいたま市が今年2月に協力協定を結んだことに賛否の声が上がっている。貸農園は、利用企業が雇用した障害者に農園で作業してもらう形態。「障害者が安定した所得を得られる」と歓迎する声がある一方、「障害者雇用の“外注ビジネス”に自治体が協力すべきではない」との批判も上がる。農園は今月末に本格始動する。

 さいたま市が協定を結んだのは人材派遣会社の子会社「エスプールプラス」(東京都)。利用企業はエス社が…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです