メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米商務省、中国監視カメラ大手などに禁輸措置 ウイグル弾圧制裁

 米商務省は7日、中国監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)など計28の企業・政府機関に対し、米製品の輸出を事実上禁止すると発表した。中国新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族への弾圧に対する制裁で、米国の安全保障上のリスクがある「輸出規制リスト」に追加する。

 禁輸措置の対象は、ハイクビジョンのほか、同業の浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)、音声認識人工知能(AI)大手の科大訊飛(アイフライテック)など8企業…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです