JR東日本17年ぶり制服リニューアル スカート廃止 「性差なくすこと意識」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年5月から導入されるJR東日本の新しい接客制服。制帽は男女とも「官帽型」(左)と「チロリアン型」から選択できるように=東京都渋谷区のJR東日本本社で2019年10月8日、平井桂月撮影
2020年5月から導入されるJR東日本の新しい接客制服。制帽は男女とも「官帽型」(左)と「チロリアン型」から選択できるように=東京都渋谷区のJR東日本本社で2019年10月8日、平井桂月撮影

 JR東日本は8日、駅員や運転士、車掌が着る接客制服を、東京五輪・パラリンピックの開催を機に2020年5月に一新すると発表した。これまでの女性用のリボンタイとスカートを廃止し、制帽は男女とも「官帽型」と「チロリアン(ハイバック)型」から選択できるようにした。深沢祐二社長は「男女の性差をなくすことを意…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集