北朝鮮漁船 首相「違法操業確認されず、拘束しなかった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院本会議で立憲・長浜博行氏の代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2019年10月8日午前10時36分、川田雅浩撮影
参院本会議で立憲・長浜博行氏の代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2019年10月8日午前10時36分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は8日午前の参院本会議で、7日に石川県・能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生した水産庁の漁業取り締まり船と北朝鮮の漁船の衝突事案について「漁船による違法操業は確認されていないこと等から身柄の拘束といった強制措置は行わなかった」と述べた。立憲民主党の長浜博行参院会長の代表質問に答えた。

 この事案を巡っては、自民党は8日午前、水産関連会合を開き、水産庁が経緯などを報告した。出席議員からは「漁船の乗組員を拘束して取り調べることができたのではないか」などの疑問の声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文474文字)

あわせて読みたい

ニュース特集