メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮漁船 首相「違法操業確認されず、拘束しなかった」

参院本会議で立憲・長浜博行氏の代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2019年10月8日午前10時36分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は8日午前の参院本会議で、7日に石川県・能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生した水産庁の漁業取り締まり船と北朝鮮の漁船の衝突事案について「漁船による違法操業は確認されていないこと等から身柄の拘束といった強制措置は行わなかった」と述べた。立憲民主党の長浜博行参院会長の代表質問に答えた。

 この事案を巡っては、自民党は8日午前、水産関連会合を開き、水産庁が経緯などを報告した。出席議員からは「漁船の乗組員を拘束して取り調べることができたのではないか」などの疑問の声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです