メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄養満点 宮城県産生カキ解禁 水揚げ1800トンが目標

殻から取ったカキのむき身を水で洗う機械にかける漁業者=石巻市渡波で2019年10月7日午前8時54分、百武信幸撮影

[PR]

カキの殻むき作業にいそしむ生産者ら=宮城県石巻市渡波で2019年10月7日午前9時11分、百武信幸撮影

 三陸の秋冬の味覚、生食用のカキの出荷が7日、宮城県内一斉に解禁された。水揚げされたカキの殻をむく作業が各地で始まり、生産者らが山のように積まれた殻から身の締まったカキを次々と取り出し、出荷の準備に汗を流した。

 石巻市渡波の万石浦鮮かき処理場では、県漁協石巻湾支所の組合員と家族ら約150人がむき子となってナイフで手早くむいていった。今年は海水温の高さから、産卵期が遅れて身の成長も遅れ、例年の9月29日の解禁は見送られたが、約1週間待ったことで卵が消え、身も引き締まったという。

 同支所の青木英文副委員長(69)は「今日の日を待ち焦がれていた。水温の影響で昨年より小ぶりだが、栄養が凝縮し、ますますおいしくなる。まずは生で味わい、フライや鍋など、いろんな食べ方を楽しんで」と話した。

 今年は県内で1800トンの水揚げが目標だが、震災前の半分ほど。昨年、石巻の漁協3支所が衛生管理などの厳しい条件を満たした国際NGO「水産養殖管理協議会」によるASC認証を取得して、消費拡大を目指している。県漁協の丹野一雄会長(71)は「安心安全でおいしいカキを皆さんに食べてもらい、もう少し生産者が多くなれば」と希望を語る。【百武信幸】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです