女子中学生、海転落の女児救助 抱えて50メートル泳ぐ 後輩2人が陸でサポート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海に転落した女児を救助し感謝状を受けた(左から)藤島さん、草野さん、本田さん
海に転落した女児を救助し感謝状を受けた(左から)藤島さん、草野さん、本田さん

 福岡県宗像市の離島・大島にある小中一貫の大島学園の中学2年、藤島海琴(みこと)さん(14)、中学1年の草野寧彩(ねいろ)さん(12)と本田悠さん(12)の3人が、海に落ちた女児を救助し、7日、宗像市と宗像地区消防本部から全校児童生徒の前で感謝状を贈られた。藤島さんが海に飛び込んで女児にペットボトルを抱かせて助け、後輩2人がサポートに回るなど見事な連携を見せたという。【前田敏郎】

 消防本部によると、8月31日夕、バレーボール部の3人は、練習で島に来ていた他校の部員を波止場で見送って帰る途中に「人が海に落ちた」と助けを求める声を聞き、釣りをしていた親子3人のうち女児(7)が転落したことを知った。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文772文字)

あわせて読みたい

注目の特集