メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河村市長座り込み「こんな不正義なこと」

「不自由展・その後」の会場がある愛知芸術文化センター前で座り込み、シュプレヒコールを上げる名古屋市の河村たかし市長=名古屋市東区で2019年10月8日午後2時10分、野村阿悠子撮影

[PR]

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日に再開したのを受け、名古屋市の河村たかし市長は同日午後2時ごろ、不自由展の会場がある愛知芸術文化センター前で抗議活動をした。

 昭和天皇の肖像をモチーフにした作品が燃える映像を会場で鑑賞した河村市長は、「陛下への侮辱を許すのか」などと書かれたプラカードを掲げて座り込み、「こんな不正義なことはいけない」と声を上げた。

 抗議活動には、河村市長の呼びかけに応じた市民や、河村市長が代表を務める地域政党「減税日本」の市議ら約30人が参加。当初は会場内で活動する可能性を示唆していたが、運営側から会場内には入らないよう強い要請があったといい、「ルールは守らないかん」と会場外での活動となった。

 河村市長は「(再開について)県から一言の相談もない。表現の自由という名の暴力だ。名古屋市民が(展示を)認めたことになる、世論をハイジャックするのはやめてくれ」と訴え、座り込んで「県は名古屋市民の声を聞け」などとシュプレヒコールを上げた。

 その後、愛知県庁前でも「県は市との協議に応じなさい」などと声を張り上げた。【野村阿悠子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです