メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史

「源氏物語」最古の写本「若紫」を発見、鎌倉初期に藤原定家が校訂

「若紫」の帖の巻頭部分=京都市上京区で、川平愛撮影

[PR]

 平安時代中期に紫式部が創作した「源氏物語」について、鎌倉初期を代表する歌人の藤原定家(1162~1241年)が側近らに書き写させて校訂し、現存では最古となっている写本群のうち、物語の重要場面である第5帖(じょう)(冊)「若紫」(126ページ)が見つかった。江戸時代に三河などの大名だった大河内(おおこうち)家に伝わっていたのを確認したと、定家らの古典籍を研究保存する冷泉家時雨亭文庫(京都市上京区)が8日に発表した。

 54帖からなる物語のうち、定家の写本が確認されていたのは、加賀の前田家などに伝わった「花散里(はなちるさと)」「行幸(みゆき)」「柏木」「早蕨(さわらび)」の4帖(いずれも重要文化財)だけで、新たな帖の確認は昭和初期以来の約80年ぶりという。研究者は「原本に最も近い『若紫』であり、国語の教科書にも影響するほど画期的だ」と評している。

 紫式部が書いた草稿や清書されたものは失われたと紫式部自身が日記につづっており、現在も確認されていない。さまざまな写本で伝えられたが、写し間違いや書き落としも多かったとされる。約200年後に書写された定家本は、定家の日記「明月記」によると、さまざまな古い写本を比較検討し、より正しく復元しようとまとめられ、原本に最も近いとされている。【南陽子】

源氏物語

 平安時代中期、紫式部によって書かれた物語で、54帖から成る。主人公の光源氏(ひかるげんじ)、その子・薫(かおる)と宮廷の女性たちの関わりなどを通じて、貴族社会における人間の姿を描く。後世の文学のみならず、芸能や美術工芸のモチーフとされるなど、日本文化全体に大きな影響を与えた。

 「若紫」はその第5帖で、病に苦しむ源氏が加持を受けるために北山を訪れる場面から始まる。草庵(そうあん)で源氏は憧れていた義母・藤壺女御(にょうご)そっくりの少女と出会い、やがて連れ出して自邸に引き取る。少女は後に源氏の終生の伴侶、紫の上となる。一方で源氏と藤壺の密通、藤壺の懐妊なども描かれ、後の物語の重要な伏線となっていく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです