メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東、台風19号で計画運休なら「混乱起きない形に」

JR東日本のロゴマーク=曽根田和久撮影

[PR]

 JR東日本の深沢祐二社長は8日の定例記者会見で、大型の台風19号が週末にも日本に接近した場合の計画運休について「前回の台風15号の反省を踏まえ、運転再開時の対応、情報周知について準備を進めている。混乱が起きないような形にしていきたい」と述べた。

 台風15号が9月9日に関東地方を縦断した際、JR東は首都圏で始発から「計画運休」し、午前8時ごろから運転再開を計画していた。しかし、一部の路線で復旧・点検に時間がかかったため運転見合わせが長引き、約277万人に影響が出た。

 深沢社長は「台風15号は速度が予報より遅くなり、点検作業もその分、遅れてしまった。今回は、点検作業の事前の配置の見直しをしている。ホームページもつながりにくくなったので、改修するなど、対応を準備している」と説明した。【平井桂月】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです