メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19歳・芝野虎丸八段が最年少名人に 囲碁界初、10代でタイトル

囲碁の第44期名人戦七番勝負の第5局で張栩名人を破って4勝1敗とし、名人奪取に成功した挑戦者の芝野虎丸八段。囲碁界初の10代での7大タイトル保持者となった=静岡県熱海市で2019年10月8日午後7時32分、丸山博撮影

[PR]

 囲碁の第44期名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局が7、8の両日、静岡県熱海市で打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩名人(39)に252手で白番中押し勝ちし、4勝1敗で名人を奪取した。19歳11カ月での7大タイトル獲得は、本因坊文裕(30)=井山裕太九段=の20歳4カ月を抜く最年少記録で、囲碁界で初めて10代が7大タイトルを手にした。

 プロ入りから5年1カ月での7大タイトル獲得も、許家元八段(21)の5年4カ月を抜く最速記録。また九段昇段も最年少、最速記録となり、記録ずくめの対局となった。

 芝野は神奈川県出身。2014年に14歳でプロ入り。攻めの強さと大胆さが持ち味で、プロ入り後、まもなく頭角を現す。17年には、デビューから2年11カ月で全棋士参加棋戦の竜星戦を制覇。中国竜星戦優勝者との日中決戦でも、世界トップクラスの柯潔九段(22)を破った。同年、史上最年少の17歳で本因坊戦リーグ入りも果たした。【丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです