メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高尾山、にぎわいの理由は「あのゲーム」 東京土産は山頂で…

高尾山の山頂を示す標識の前で記念撮影をする登山客たち。山頂にはスマホ片手に「あのゲーム」をプレーする登山客も多かった=東京都八王子市の高尾山の山頂で2019年10月5日午後1時1分、大村健一撮影

 東京都八王子市にある観光名所「高尾山」がにぎわっている。ふもとから中腹まで往復できるケーブルカーやリフトを運行している高尾登山電鉄によると、9月の乗客数は「昨年9月に比べて約11%増えた」という。「理由はよく分からない」(同社担当者)とのことだが、記者が山頂を訪れると、どうやらあるゲームが影響しているようだ。【大村健一/統合デジタル取材センター】

山頂へ行ってみると……

 高尾山は標高599メートルで、都心からも電車で約1時間で行くことができ、手軽な登山スポットとして人気を集めている。

 高尾登山電鉄の担当者は「今年は全般的に乗客数が昨年を下回る月が多かったのですが、9月は10・8%増えて約15万3000人の方々に利用されました。理由はよく分かりません」と話す。

 新天皇即位に伴う大型連休があった5月は前年同月比で9%増えたが、以降は週末に雨が続いたことや猛暑の影響を受けて、6月は14%減、7月は26%減、8月は13%減と低調だった。しかし、9月は台風15号が関東地方に接近、上陸した週末もあったにもかかわらず増加したという。

 理由を調べるべく記者が10…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです