メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケB1滋賀レイクスターズが滋賀大と協定 プレー詳細データ解析に

協定の文書を手にする滋賀大の竹村彰通データサイエンス学部長(左)と、滋賀レイクスターズの西村大介GM=滋賀県彦根市で2019年10月8日午前11時13分、西村浩一撮影

[PR]

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)、滋賀レイクスターズ(レイクス)はビッグデータを活用してチーム強化につなげようと、データサイエンス学部がある滋賀大(滋賀県彦根市)と連携協定を締結した。滋賀大が分析したレイクスや相手チームの戦力データを、レイクスがゲームに役立てる。レイクスは今季、開幕から2連敗中だが、西村大介ゼネラルマネジャー(GM)は「データを駆使し、目標の(上位8チームによる)チャンピオンシップ出場を果たしたい」と決意を語った。

 滋賀大のデータサイエンス学部は、データサイエンスに特化した学部として2017年4月、全国で初めて設置された。今回の協定で、滋賀大は2、3年生計5人とスタッフ3人の8人態勢で、選手一人一人のシュート位置やシュート成功率などのゲームデータを分析。レイクスは分析結果を基にゲーム戦略を練り、勝率アップにつなげるのが狙いだ。

 レイクスのホームゲームでは、学生たちが現地で実際にデータを集める計画。12、13の両日には、滋賀県草津市の「YMITアリーナ」で宇都宮ブレックスを迎えたホーム開幕戦があることから、データの収集を早速行うという。

 8日に記者会見した西村GMは「今やスポーツ界はデータ分析が勝敗に直結する時代。野球やアメリカンフットボールだけでなく、バスケットにも精密なデータ分析の流れは広まりつつある」と指摘。「滋賀大との協定でトップバッターになれる。タイムアウトや選手交代のタイミングなどで大いに活用したい」と期待を寄せる。

 竹村彰通・学部長は「2年半前の学部開設以来、地元企業などとも連携してきたが、スポーツの分野でも貢献できるのはありがたい。学生も興味を持って取り組めるテーマで、ぜひいい結果を出したい」。学生の指導に当たる保科架風(いぶき)特任准教授も「スポーツアナリストになりたい学生もいる。Bリーグの生きたデータを分析し、貢献できればうれしい」と意気込みを語った。

 協定では、彦根市に本社を置く電気設計会社「PRO-SEED(プロシード)」も協力し、学生たちに作業スペースなどを提供する。【西村浩一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです