メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

景気をよくするために、お金をいっぱい作ってはいけないのですか

[PR]

 Q 景気けいきをよくするために、おかねをいっぱいつくってはいけないのですか。

    景気けいきアップとおし、おかね役立やくたたずに

     A ある、みんなのお財布さいふはいっているおかねえたらどうなるでしょう。

     しかったおもちゃをいにったりしてみんながおかね使つかい、おみせ会社かいしゃ商品しょうひんれて繁盛はんじょうします。たくさんつくるために材料ざいりょう仕入しいれたり、はたらひとやとったり、工場こうじょうてたりします。おみせ会社かいしゃがもうかってはたらひと給料きゅうりょうがれば、みんながもっとおかね使つかってらしをゆたかにしようとします。

     景気けいきわるいのはその反対はんたいです。みんながあまりモノをわず、必要ひつようになるときのためにとっておきます。モノがれなければおみせ会社かいしゃはもうからず、つぶれてしまいます。仕事しごとがなくなるひとてきます。みんなのお財布さいふのおかねり、将来しょうらい不安ふあんおもっておかねをもっと使つかわなくなります。

     ですから、「おかねをいっぱいつくったら、景気けいきがよくなる」とかんがえるのはそのとおりです。

     それなら、くにがおかねをどんどんつくればいいのでしょうか。最初さいしょのうちは景気けいきがよくなるでしょう。そのうち、人々ひとびとしいモノをにいれようとすることに、ほういつかなくなります。そうするとモノの値段ねだんがるインフレーション(インフレ)がこります。大事だいじにとっておいたおとしだまでおもちゃをおうとしても、値上ねあがりしていてりないかもしれません。

     値段ねだんすこしずつがって、給料きゅうりょうもおこづかいもえるなら「おかねはためるより使つかったほうがいい」となってさらに景気けいきがよくなりますが、それでむとはかぎりません。「おかねっていてもなにえなくなってしまう」と人々ひとびとおもはじめたら、おかね手放てばなして、価値かちわりそうにないべつくにのおかねきんなどのモノにえようとします。こうして、みんながおかねしんじなくなると、くにつくったおかねやくたなくなり、だい混乱こんらんになります。

     「そうなるまえに、景気けいきすこしよくなったらおかねつくるのをやめればいい」とおもうかもしれません。でも、歴史れきしかえるとそれがむずかしいことがわかります。そのため、おさつ発行はっこうするのは政府せいふとはべつ日本銀行にっぽんぎんこうで、政府せいふ日本銀行にっぽんぎんこう使つかっておかねをばらまくことも禁止きんしされています。

     最近さいきん日本にっぽんやアメリカで話題わだいになっているおかねかんがかたに「MMT」(現代げんだい貨幣かへい理論りろん)があります。「おかねつくれるくには、税金ぜいきん借金しゃっきんでおかね用意よういする必要ひつようはない。仕事しごとがなくてこまっているひとがいなくなるまで、くにがおかねつくって使つかえばいい」というかんがかたです。

     支持しじするひとは、モノの値段ねだんきゅうがりはじめないうちは問題もんだいないといます。ですが、批判ひはんする意見いけんおおく、おかねづくりをちょうどいいところでめることはむずかしいとっています。【黒崎亜弓くろさきあゆみ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです