メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦リーグ特選譜

藤井七段が初黒星 優劣が見えない激戦を豊島名人が制す

王将戦リーグ2戦目で豊島将之名人(右)との対局前に礼をする藤井聡太七段(左)=大阪市福島区の関西将棋会館で2019年10月7日午前9時46分、山田尚弘撮影

 10月に入り、猛暑が続いた大阪もしのぎやすい気候になった。対局があった10月7日は午前中は晴れ、午後から曇り。棋士控室は一日中、クーラーをつけないで過ごした。

 三浦弘行九段に初戦勝利の藤井、2戦目は豊島将之名人が相手だ。2連勝へ星を伸ばせば、がぜん挑戦の可能性が増してくる。一方の豊島は久保利明九段に勝ち、広瀬章人竜王に敗れて1勝1敗。自身3回目の王将挑戦に向け、月並みだが、負けられない一局だ。

 両者の対戦成績は豊島の3戦全勝。デビュー以来多くの棋戦で上位に進出して一線級の棋士との対局が多くなった藤井だが、現名人の豊島に対してはまだ一勝もしていない。タイトルに近づいた場所で初勝利をかけ真剣勝負を挑む。

この記事は有料記事です。

残り2997文字(全文3301文字)

山村英樹

1981年入社。青森支局を経て1986年から東京学芸部で囲碁将棋などを担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです