メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『アウシュヴィッツのタトゥー係』へザー・モリス/著

死と隣り合わせの日々に差し込んだ生をあきらめないという希望の光

◆『アウシュヴィッツのタトゥー係』へザー・モリス/著 金原瑞人、笹山裕子/訳(双葉社/税別1700円)

 本書を読んでみようと思ったのは、タイトルにいささかの個人的な思い入れがあったからだ。初めの4、5ページに目を通したところで、すぐに確信した。この小説はきっと日本でも称賛されるだろうと。

 まず、テーマが大きい。先の大戦におけるユダヤ人の大量殺戮(さつりく)は、今もまだ世界中の人々にとっ…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです