メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 本橋成一『世界はたくさん、人類はみな他人』

いろんな個性を持つ人たちが互いに迷惑をかけあう社会でいい

◆『世界はたくさん、人類はみな他人』本橋成一・著(かもがわ出版/税別1600円)

 「写真を撮るのは好きですが、文章を書くのは難しいですね。うまく書こうとするとダメなんだよね」と笑う。

 本書は、多くの写真集を世に送り出してきた本橋さんの、初めての文章の本だ。 本橋さんは東京・東中野生まれ。空襲で焼け野原になった町の様子をよく覚えている。「戦時中は大人がいつもピリピリしていました。終戦後は暮らしは苦しかったけど、大人がやさしくなったのが嬉しかった。父は手を動かすのが好きで、バラックで家をつくってくれました。その頃、父が使っていた釘箱はいまも僕が使っています」

 その釘箱のひとつが、本書の表紙写真に収まっている。家は本屋を営んでいたが、本はあまり読まなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです