メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第13回 イギリス国旗はためく日本の田舎町

岩手県花巻市のイギリス海岸 =ダミアン・フラナガン撮影

 日本の北のはずれの、何の変哲もない町の川沿いに、イギリス国旗がはためいている。ここは、その地域で一番有名な文学者、詩人であり童話作家である宮沢賢治(1896~1933年)が「イギリス海岸」と名付けたところである。

 一目見たところでは、特に「イギリスっぽい」ところはない。実際、この川が他の川と特別に違っているところはない。しかし、この名前の由来を探っていくと、面白くなってくる。

 賢治の時代には、この川にまだダムが造られていなかったため、川の水位は周期的に極端に上下した。そして…

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1408文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです