メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「迷言」で注目、小泉進次郎環境相  「未来の首相候補」勉強を!

記者団に結婚と妊娠を報告後、質問に答える自民党の小泉進次郎衆院議員(左)と滝川クリステルさん=首相官邸で2019年(令和元年)8月7日、川田雅浩撮影

 改造内閣の「目玉」にして「未来の首相候補」の呼び声高かった小泉進次郎環境相(38)に「ハテナ」マークが点灯中だ。「戦後男性最年少」で入閣し、米ニューヨークで外交デビュー。着実に「舞台」は踏んだが、先々で残したものといえば「セクシー」発言など「迷言」の類いばかり。これでは将来は危うい? 等身大の大臣評を専門家に聞いた。【鈴木美穂】

 牛のげっぷと、地球温暖化との関係を「知らなかった」わけではあるまい。先月、気候行動サミットに出席するため、渡米した小泉氏の言動は、政府代表のそれとは思えないほどに「観光客然」としていた。到着早々秘書を引き連れ、ステーキ店に赴き、記者団に「毎日でも食べたい」と笑顔を見せていた。

この記事は有料記事です。

残り2633文字(全文2938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです