メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

お笑いコンビ「パックンマックン」 パトリック・ハーランさん 気軽に声かけ合おうよ

パトリック・ハーランさん=宮本明登撮影

 かつて日本企業は「ロックフェラーセンター」をはじめ、米ニューヨークの超高層ビルを次々と買収していました。僕がまだ米国で学生だった頃、日本人は「エコノミック・モンスター」と呼ばれ、映画などで描かれるのは暗いイメージ。狭い部屋に住み、スーツ姿でラッシュの満員電車に揺られ、長時間働くといった感じです。

 英会話学校に勤めるため22歳で来日し、福井県に住んだら、そんな日本人像は崩れました。福井の人はたいてい大きな家に住み、自分の車を運転して自由に動き、友人とはしょっちゅう家を行き来する。仕事も遊びもバランスがとれていて、僕が育った米国西部とよく似ている。

 役者を目指して上京してから、以前持っていた日本人のイメージは、実は東京に近いと分かりました。東京の…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです