メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

10月 名品ぞろい コートールド美術館展 圧巻のセザンヌの作品群=高階秀爾

 ロンドンにあるコートールド美術研究所は、美術史の分野に特化した大学であり、また研究施設である。毎年多くの研究者を招いてセミナーを開催するなど研究活動の場ともなっている。

 この研究所には、特に近代美術の優れた名品を含む美術館が併設されている。織物産業で莫大(ばくだい)な財を成した実業家のサミュエル・コートールドが、イギリスで最初の美術研究・教育機関として、そのコレクションも合わせてロンドン大学付属コートールド美術研究所を創設したのが、その始まりである。1932年のことであったという。

 創立以来90年近い歳月が経過し、建物の全面改修が必要となった機会に、そのコレクションの代表的名品を…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです