メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「夢と希望」だけでなく 1964年の東京 VFXで追体験 森内貞雄さん

森内貞雄さん=小林祥晃撮影

 「出演者と一緒に、1964年の東京を追体験してほしい」

 NHKスペシャル「東京ブラックホールⅡ 破壊と創造の1964年」(総合・13日午後9時)は最新のVFX(視覚効果)技術を使った新感覚のドキュメンタリー。俳優の山田孝之らの映像と、当時の記録映像を重ね合わせ、現代人が64年にタイムスリップしたかのように見せる。一昨年、終戦直後の東京を題材に同じ手法で制作した「戦後ゼロ年 東京ブラックホール」の続編に当たる。

 前作でもディレクターとして制作に携わった。視聴者から「祖父母がどんな経験をしてきたのかを知ることが…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです