メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備えに知恵と工夫 新聞紙活用、避難所に個室 発達障害児らが防災学習 /岩手

 発達障害などで集団生活が苦手な人や、その家族で活動する盛岡市の認定NPO法人accommon(アコモン)が、昨年から防災体験学習に取り組んでいる。東日本大震災時は避難所の環境になじめず、苦しんだ家族がたくさんいた。全国各地で大規模な災害が発生する中、「もしも」への備えに力を入れている。【藤井朋子】

 5日、盛岡市のアイーナで防災士の新沼真弓さん(46)=大船渡市=を招き、「災害時のハックを学ぼう!」と題した活動があった。ハックとは知恵や工夫のこと。この日は新聞紙を使ってテントを作った。親子やボランティア約30人が参加した。

 新聞紙を棒状に丸めて四角すいの柱を作り、上から新聞紙をかぶせる。母親が娘に「もう少し細めに丸めた方…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです