メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備えに知恵と工夫 新聞紙活用、避難所に個室 発達障害児らが防災学習 /岩手

 発達障害などで集団生活が苦手な人や、その家族で活動する盛岡市の認定NPO法人accommon(アコモン)が、昨年から防災体験学習に取り組んでいる。東日本大震災時は避難所の環境になじめず、苦しんだ家族がたくさんいた。全国各地で大規模な災害が発生する中、「もしも」への備えに力を入れている。【藤井朋子】

 5日、盛岡市のアイーナで防災士の新沼真弓さん(46)=大船渡市=を招き、「災害時のハックを学ぼう!」と題した活動があった。ハックとは知恵や工夫のこと。この日は新聞紙を使ってテントを作った。親子やボランティア約30人が参加した。

 新聞紙を棒状に丸めて四角すいの柱を作り、上から新聞紙をかぶせる。母親が娘に「もう少し細めに丸めた方…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです