メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県議43人の資産公開 預貯金「ゼロ」27人 /秋田

 4月の統一地方選で当選した県議43人の、資産等報告書が7日、公開された。各議員は、条例に基づき4年に一度、改選ごとに報告することになっている。

 公開対象は本人名義の資産に限られ、普通預・貯金や当座預金は除外されている。預貯金をゼロと報告した議員は27人だった。

 一方、不動産と預貯金、株券以外の有価証券を合わせた資産が最も多かったのは、三浦茂人氏(みらい)の1億5072万円。他に同項目の資産が3000万円を超えたのは、小松隆明氏、北林丈正氏、加藤鉱一氏(いずれも自民)の3人だった。

 報告書は県議会図書館で閲覧できる。【川口峻】

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです