メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中正造記念賞に2団体 里山保全、河川環境研究で成果 佐野市 /栃木

里山に急増した竹を刈る射水市ビオトープ協会のメンバーたち=栃木県佐野市提供

 佐野市は今年度の「田中正造記念賞」の受賞団体を発表した。最高賞の市長賞は富山県射水市のNPO法人「自然環境ネットワーク・射水市ビオトープ協会」(岡田一雄理事長)、奨励賞は岐阜市の県立岐山高生物部(部員22人)に決まった。表彰は12日に佐野市文化会館で開かれる「田中正造の日 環境フェスタ」で行われる。

 射水市ビオトープ協会は富山県立小杉高生物部のOB会が前身。2014年にNPO法人の認証を受け、過疎化や高齢化で荒れた里山の回復や保全、在来動植物の保護などを目的に活動している。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです