メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた居場所

松実高等学園から 生徒の自発性重視 興味湧かせる英語教育 /埼玉

英単語を提案するゲームで児童の発言を聞くマリカ・フェラウン先生(右)=埼玉県春日部市の松実高等学園初等部で

 不登校の児童・生徒を受け入れる松実高等学園(春日部市)では、英語の授業も特徴的だ。外国人講師がネーティブな発音で生きた英語を教えるだけではなく、生徒同士の学び合いや、それぞれの生徒の習熟度に合わせた授業を実施している。

 初等部の英語の授業を担当するのは、フィリピン人男性のジョージ・ヨンゾン先生とフランス人女性のマリカ・フェラウン先生。9月下旬、MとNで始まる単語を男子と女子のグループに分かれて出し合うゲームをしていた。男子児童が日本語を口にすると「ノー、ジャパニーズ(日本語はなし)」と、すかさずジョージ先生が注意。「ニューヨーク」。女子児童が答えると、マリカ先生は「オーケー」と笑顔を見せた。

 マリカ先生は英語、仏語、スペイン語、アラビア語に堪能だが、日本語はほとんど話せない。ジョージ先生が…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです