メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおたかの森駅周辺 市街地整備事業完了 流山で記念式典 /千葉

式典で「まちの案内板」を除幕する地元の小中学生ら=千葉県流山市で

 都市再生機構(UR)が流山市のつくばエクスプレス流山おおたかの森駅周辺で進めてきた新たな市街地の整備事業が完了し、5日、おおたかの森センター(同市おおたかの森西)で記念の式典が行われた。地元の小中学生らがURから贈呈された「まちの案内板」の除幕をして事業の完成を祝った。

 区域は駅周辺の275ヘクタールで、20…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです