メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1カ月 港湾損傷、復旧遠く 機械水没、道路も不通 横浜 /神奈川

山和鋼管の工場内。高波が流入し、機械類はすべて海水につかった=横浜市金沢区福浦2で

 関東各地に被害を残した台風15号の通過から、9日で1カ月になる。県内ではけが人が出たほか、横浜市内でも工場が高波を受けたり、港湾施設が破損したりした。被害は深刻で、今も復旧途中だ。【田中義宏、木下翔太郎】

 横浜市金沢区福浦2の「山和鋼管」。1951年の創業で、ボーリング用鋼管などを製造している。高波被害の前から年内での廃業を決めていて、廃業を知った取引先からの発注が増え、工場には材料、製造中の製品や在庫品も多かった。そこに高波が襲ってきた。

 海の近くにある工場は先月9日未明、護岸を超えた高波の直撃でシャッターが壊れ、工場(4357平方メートル)内に海水が浸入。特殊な製造工程の機械、配電盤、材料、出荷前の製品がほぼすべて水没した。高波は80センチの高さに達していたという。機械は同業の業者に売却する予定だったが、海水をかぶった。同社の秋林泰樹総務部長は「横浜市が管理する護岸が壊れて被害にあった。せめて壊れた機械の補償をしてもらえないだろ…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです