メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴鹿で警察犬審査会 「足跡追及」「臭気選別」「警戒」部門に32頭 訓練の成果競う /三重

犯人役に飛びかかるシェパード犬「エルミナ」=三重県鈴鹿市津賀町で、谷口豪撮影

 県警は8日、犯罪捜査や行方不明者捜索などにあたる民間の嘱託警察犬を選ぶ審査会を鈴鹿市津賀町のグラウンドで開いた。シェパードやラブラドルレトリバーなど32頭の犬が参加し、犯人の足跡を追うなどして日ごろの訓練の成果を競った。

 審査会は、においから犯人の足跡をたどり、審査員が遺留品の代わりに置いたライターや木片などを発見する「足跡追及」、複数の布の中から犯人のにおいが付いた布を嗅ぎ分ける「臭気選別」…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです