メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争体験を保存・継承 コープが奈良に「平和ライブラリー」 /奈良

オープンした「ならコープ平和ライブラリー」。スキャナーを使い、古い資料をデジタル化していくという=奈良市六条で、稲生陽撮影

県内被爆者の証言収集、入谷さんに協力

 平和運動や被爆者支援活動に力を入れている市民生活協同組合ならコープ(本部・奈良市)が奈良市六条の店舗跡「ふれあいセンター六条」に、戦争体験の記録や資料をデジタル保存する「ならコープ平和ライブラリー」を開設した。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の浜住治郎・事務局次長(73)が6日に記念講演し、「全国から見ても光を与えてくれる存在」と祝福した。

 戦争体験者の高齢化による記憶の風化は全国で懸念されており、県内も2006年に日本被団協傘下では全国…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです