メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県展 409点、作品審査始まる 書の入賞・入選決まる 11日まで /和歌山

書の作品を審査する審査員たち=和歌山市小松原通1の県民文化会館で、後藤奈緒撮影

 第73回県美術展覧会(県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)の作品審査が8日、和歌山市小松原通1の県民文化会館で始まった。審査は11日まで。

 出品作品は、書91点▽洋画133点▽彫塑8点▽日本画27点▽工芸41点▽写真102点▽華道7点――の計409点。小中学生対象…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです