マダニ感染症、警戒呼び掛け 和歌山市 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 和歌山市は7日、マダニにかまれることで発症する「日本紅斑熱」が増えていると発表した。「肌の露出を少なくして」など注意喚起を促している。

 今年市保健所に届けられた日本紅斑熱の件数は7件。そのうち4件が10月に入ってから確認されている。

 日本紅斑熱はマダニにかまれてから2~8日後に高熱や発疹の症状が出…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

注目の特集