メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旦過市場、再整備で協定 河川改修と建て替え 27年度完了目指す 市と市場関係者が締結式 /福岡

神嶽川への店舗のせり出しをなくすなど再整備した旦過市場のイメージ図=北九州市提供

 「北九州市民の台所」として親しまれる旦過市場(小倉北区)の再整備事業で、北九州市と市場関係者が協力する協定の締結式が8日、同区のホテルであった。地元で検討が始まって約半世紀が経過した再整備が本格的に動き出す。【松田栄二郎】

 旦過市場は、大正初期に神嶽川から魚や野菜を荷揚げした場所に作られた。市場の一部が川の上にせり出した構造で、昭和40年代から何度か再整備が検討されたが、関係者が多いため合意形成が進まなかった。

 2009年と10年に豪雨による浸水被害に遭い、市場内の建物の老朽化も進んでいるため、市と市場関係者…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです