メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国の現代陶芸、花瓶など100点 玖珠で作品展 /大分

作品を鑑賞する来場者

 韓国を代表する現代陶芸家の陶芸作品を集めた「韓国陶芸展」が8日、玖珠町森の久留島武彦記念館で始まった。韓国で陶芸家として活動する崔鍾一さん(61)や地元の園児らがテープカットした。

 崔さんの作品や、500年間途絶えていた高麗青磁の製造技術を復活させた柳根瀅氏ら12人の陶芸家たちのつぼや茶わん、花瓶…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです