メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

日韓悲観論を越えて=古賀攻

 <sui-setsu>

 G20大阪サミットを終えた途端に安倍政権が韓国向け輸出管理を強化、日韓の険悪度がぐーんと上昇して3カ月がたった。

 両政権とも相手の非をとがめるだけで、冷たいにらみ合いが常態化しつつある。今のままじゃ民間の草の根交流も気休めにしかならない、といった悲観論さえある。

 だが、佐賀県・加唐(かから)島の漁師、坂本正一郎さん(69)の声は電話の向こうで弾んでいた。

 「今まで以上の歓迎やった。公州(コンジュ)の市長も出て来て『末永く交流しましょう』って言わした」

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです