メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

日韓悲観論を越えて=古賀攻

 <sui-setsu>

 G20大阪サミットを終えた途端に安倍政権が韓国向け輸出管理を強化、日韓の険悪度がぐーんと上昇して3カ月がたった。

 両政権とも相手の非をとがめるだけで、冷たいにらみ合いが常態化しつつある。今のままじゃ民間の草の根交流も気休めにしかならない、といった悲観論さえある。

 だが、佐賀県・加唐(かから)島の漁師、坂本正一郎さん(69)の声は電話の向こうで弾んでいた。

 「今まで以上の歓迎やった。公州(コンジュ)の市長も出て来て『末永く交流しましょう』って言わした」

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです