メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

不自由展再開、隠密作業 双方ぎりぎり妥協点

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が閉幕1週間前の8日に再開した。作品自体は開幕当初から変えず、「表現の自由」を巡り作家側と主催者が鑑賞方法の変更などぎりぎりの妥協点を探った。この日は大きなトラブルはなく、文化庁の補助金不交付への批判が一層広がりそうだ。

 再開は当初、8日午前に「本日午後に再開」と発表される予定だった。芸術祭実行委員会と不自由展実行委の双方が6日夜に合意、7日の美術館休館日に展示復旧を急いだ。「反対派が全国から集まるのを避けるため」の異例の隠密作業。7日午前の定例記者会見で芸術祭実行委会長の大村秀章・愛知県知事は「再開協議が継続中」と繰り返した。夕方、テレビが再開を伝えると、夜の緊急知事会見でようやく公表した。

 リストバンド型抽選券を配り、1回30人ずつ入室させる▽身分証提示や手荷物の一時預かり、金属探知機で…

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです