メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英語民間試験導入の是非

大学入試センター試験で試験開始を待つ受験生たち。2020年度からは新たに大学入学共通テストが始まる=名古屋市千種区で2019年1月19日、大西岳彦撮影

 現在の高校2年生が大学を受験する時から入試の仕組みが大きく変わる。その一つが大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テスト。英語で初めて民間試験が活用されるが、高校では公立側から「延期・見直し」を求める声が上がっている。一方、私立側は「着実な実施」を要望している。両者の主張を聞いた。

制度設計の不備解消が先 萩原聡・全国高校長協会会長

 全国高校長協会(全高長)は、国公私立高校約5200校の校長で構成する。多くは公立高だが、私立も数百…

この記事は有料記事です。

残り3702文字(全文3924文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです