メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の株主第一主義の行方=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 株主第一主義の米国経営が転機を迎えている。

 去る8月19日、米国の経営者団体「ビジネス・ラウンドテーブル」は株主第一主義を見直すとの声明を発表した。昨今の米国における所得格差の拡大、過度な競争制限や市場独占、環境に対する低い意識など、米産業界に対する強い批判に応えたものだ。

 実は、日欧の産業界は経営方針として、株主以外のステークホルダー、例えば従業員、顧客、関連企業、地域社会等に目配りを欠かさないことを掲げる企業が多い。しかし米国では、企業収益力が低下する中で、株主第一主義の傾向はむしろ強まっていた。

 例えば、米国では株主の短期的な高収益期待に応えるあまり、賃金上昇に抑制的で労働分配率が低下傾向にあ…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです