メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/16 「おいしい介護食」に挑戦

介護食のメニューを栄養士の富松(右)に紹介する儀間=千葉県松戸市で2019年10月1日午後0時38分、深津誠撮影

 「『やさしいおかず』を使っただて巻き風はどうですか?」。10月1日、千葉県松戸市の特別養護老人ホーム「ひまわりの丘」。マルハニチロ・メディケア営業部の儀間(ぎま)詩織(32)はパンフレットを広げ、入所するお年寄りのための「おせちメニュー」を管理栄養士の富松浩美(58)に説明した。儀間は介護食素材「やさしい素材」や「やさしいおかず」の営業を担当。定期的にホームに足を運び、富松から要望を聞き、素材を使った新メニューを提案している。

 統合前のニチロが介護食素材の開発に乗り出したのは2003年。業務用食品の営業をしていた平林桂子(5…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです