メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 物理学賞に米欧3氏 宇宙論、太陽系外惑星発見

ジェームズ・ピーブルズ氏=米プリンストン大のウェブサイトから

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を米プリンストン大のジェームズ・ピーブルズ名誉教授(84)、スイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)とディディエ・ケロー教授(53)に授与すると発表した。宇宙の進化に関する理論の構築と、「太陽系外惑星」を初めて発見したことが評価された。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約9800万円)のうちピーブルズ氏に半分が、他の2氏に4分の1ずつが贈られる。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです