メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

多様性と調和/9止 男女平等へ不屈の柔道 元アルジェリア選手、原理主義に抗し

自らの半生をつづった著書を手に、東京五輪への期待を語るサリマ・スアクリさん=東京都内で2019年8月26日午後1時9分、田原和宏撮影

 北アフリカのアルジェリアは1990年代、政府軍とイスラム原理主義勢力との内戦で約15万人の命が失われた。母国が差別と憎悪の連鎖に苦しむ中、サリマ・スアクリさん(44)はアルジェリア代表として、女子柔道が初採用された92年バルセロナから4大会連続で五輪に出場。内戦で最愛の家族を奪われ、イスラム圏の女子選手として偏見と闘った日々が、スポーツや教育を通じて男女平等の大切さを訴える原点だ。

 国際柔道連盟(IJF)が8月、東京都内で開催した男女平等を考える会合。来日したスアクリさんは半生を振り返り、「私の目標は、少女たちに平等の機会を保証することです」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです