メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

宮崎 平和台公園 若き力たち、誇り胸に

平和の塔に設けられた聖火台に向かう聖火ランナー=宮崎市の平和台公園で1964年9月9日撮影

 晴れ渡った空をジェット機の編隊が飛び、ファンファーレが鳴り響いた。1964年9月10日、宮崎市の平和台公園であった聖火出発式典。当時の黒木博知事が「東京大会の成功を祈る」と出発を宣言すると、第1走者の高校2年、村田広光さん(故人)が駆け出した。

 沖縄から本土に空輸された聖火は三つに分けられ、東京までをリレー。本土の3起点の一つに選ばれた宮崎では聖火が着いた同…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです