メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

梶原将さん=文科省で初めて公募で官房審議官に就任した

 文部科学省で初めて公募で幹部職員に就任した。東京工業大の副学長として教育改革と組織改革に取り組んできたが、一つの大学だけが変わっても限界があると感じていた。「国立大学全体のシステムを変えたい」と手を挙げ、二十数人の応募者から選ばれた。

 本来は微生物学が専門の研究者だが、その時々で「二足のわらじ」を履きこなしてきた。大学生時代にはスカウトされモデルとして活動。テレビCMやファッション雑誌に出ていた時期もある。

 キリンビールの研究員を経て東工大に研究者として戻り、2003年には内閣府に出向。その頃、人材や資金の面で国内の大学の研究環境に危機感を持った。以降、日本の研究力は世界で相対的に低下し続けている。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです