メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

梶原将さん=文科省で初めて公募で官房審議官に就任した

梶原将さん(かじわら・すすむ)さん(55)

 文部科学省で初めて公募で幹部職員に就任した。東京工業大の副学長として教育改革と組織改革に取り組んできたが、一つの大学だけが変わっても限界があると感じていた。「国立大学全体のシステムを変えたい」と手を挙げ、二十数人の応募者から選ばれた。

 本来は微生物学が専門の研究者だが、その時々で「二足のわらじ」を履きこなしてきた。大学生時代にはスカウトされモデルとして活動。テレビCMやファッション雑誌に出ていた時期もある。

 キリンビールの研究員を経て東工大に研究者として戻り、2003年には内閣府に出向。その頃、人材や資金…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです