メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん・ステージ4からの眺め

人生を自分らしく全うする

乳がんステージ4患者の大森さん(仮名)。歩行器を使って買い物に行くのが日課だ(画像を一部加工しています)=三輪晴美撮影

 進行度の最も高いステージ4でも、長く生きるがん患者は増えている。「ゴールまで自分らしく生きたい」と考えた時、そのために必要なものは置かれた環境によっても異なる。ある1人暮らしの女性のケースを追った。

 ●心折れた骨転移

 「歩く自由も、生活する自由も、働く自由も奪われた」。がんと診断され、手術やその後の治療も楽ではなかった。しかし初めて心が折れたと感じたのは、この時だったかもしれない。がんが骨に転移し、入院を余儀なくされたのだ。

 大森美恵さん(52)=仮名=は2011年、自らしこりを見つけて受診し、乳がんステージ2と診断された。右乳房の温存手術を受け、再発予防で術後の治療を続けて5年後。ほぼ完治と診断された直後の16年12月、せきが止まらなくなり、肺への転移が分かる。不安はよぎったが、治ると信じた。胸水を抜くために一時入院し、ホルモン剤や抗がん剤で治療を再開した。

この記事は有料記事です。

残り1971文字(全文2357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです