メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん・ステージ4からの眺め

人生を自分らしく全うする

乳がんステージ4患者の大森さん(仮名)。歩行器を使って買い物に行くのが日課だ(画像を一部加工しています)=三輪晴美撮影

 進行度の最も高いステージ4でも、長く生きるがん患者は増えている。「ゴールまで自分らしく生きたい」と考えた時、そのために必要なものは置かれた環境によっても異なる。ある1人暮らしの女性のケースを追った。

 ●心折れた骨転移

 「歩く自由も、生活する自由も、働く自由も奪われた」。がんと診断され、手術やその後の治療も楽ではなかった。しかし初めて心が折れたと感じたのは、この時だったかもしれない。がんが骨に転移し、入院を余儀なくされたのだ。

 大森美恵さん(52)=仮名=は2011年、自らしこりを見つけて受診し、乳がんステージ2と診断された…

この記事は有料記事です。

残り2092文字(全文2357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです