メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

西之島、生態系の新サイクル 海鳥から始まる土壌形成

西之島 新たな生態系

 2013年以降の噴火活動で面積が約10倍に拡大した小笠原諸島・西之島(東京都)。環境省が9月3~5日に実施した上陸調査で確認された生物から、他の島とは異なる過程を経て生態系が作られつつある可能性が見えてきた。

 ●鳥類の繁殖長期化

 「土壌がある場所では植物が生育し、植物を食べる昆虫、その昆虫を食べるクモなどの生物がいた。小さいながらも生態系が維持されている」。調査団長の川上和人・森林総合研究所主任研究員(鳥類学)は西之島の現状を語る。

 上陸調査は16年10月以来2回目。13年以降の噴火で形成された「西之浜」と、17年の噴火で新たにで…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです