メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

水をめぐって/1 尾瀬沼にえん堤、口約束の犠牲

燧ケ岳から望む尾瀬沼。右端にえん堤があり、さらに行くと尾瀬ケ原、中央奥に取水口、左奥に長蔵小屋がある=去石信一撮影

 <くらしナビ・環境>

 高山植物の宝庫・尾瀬で、1900年代初頭から浮かんでは消えた水力発電用ダム建設計画に対して、尾瀬を愛し、保護を訴えてきた植物学の権威、武田久吉(たけだひさよし)氏(1883~1972年)は突然、小規模ながら尾瀬沼にえん堤を造って水をため、発電所に水を送るトンネルを掘ることに同意した。翻意の裏に一つの口約束があった。

 尾瀬は福島、新潟、群馬3県にまたがり、尾瀬沼(湖面標高1665メートル)と尾瀬ケ原(標高約1400メートル)の両地域に分かれる。どちらも山に囲まれ、ダム湖に都合がいい。重工業が発展して電気の需要が高まり、建設地として狙われた。もしダムができれば、貴重な植物と原始的風景が水没する。

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです