メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 どうする低年金 給付金から納付の延長へ=日本リハビリテーション学舎理事長・宮武剛

宮武剛 日本リハビリテーション学舎理事長

 この10月から「年金生活者支援給付金」制度が始まった。低所得者の年金を上乗せする支援策で、10、11月分は12月に支給される。

 消費税率2%分の増収のうち、5600億円を充てるが、2度にわたる増税延期で制度内容を忘れた方が多い。

 65歳以上の老齢基礎年金の受給者は、世帯全員が市町村民税非課税、一定以下の所得等を条件に支給される。(1)納付期間に応じた給付(最高は40年納付で月5000円)(2)免除期間に応じた給付(最高は40年間全額免除等で月1万834円)。実際は納付と免除の組み合わせが多く、免除で年金額が低い場合は上乗せ分が多くなる。

 障害基礎年金は、一定以下の所得等を条件に障害2級は月5000円、1級は1・25倍の6250円が上乗…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです